どら焼きを食べる

どら焼きを食べた記録です

お茶の子まめ まめのどらやき

お茶の子まめ まめのどらやき

白楽にある小さなお菓子やさん。ともかくかわいいお店。

少量手作りのため午前中で売り切れてしまうこともしばしば。

230円(税別)

 

f:id:GANTHEBROW:20191013082312j:plain

 

 

お茶の子まめ まめのどらやきのスペック

重量:81g

最大高さ:3.9cm

横幅:8.1cm

コンパクトに見えるが高さがあり、そこそこ重い。

 

f:id:GANTHEBROW:20191013082330j:plain

焼印はなし。

 

f:id:GANTHEBROW:20191013082349j:plain



 

お茶の子まめ まめのどらやき 実食

生地は蜂蜜の存在感が大きい。

焼きがしっかりしているため香ばしさも感じる。

弾力はあるが、エアリーな口触り。

一般的にどら焼きは焼きたてではなく1日置いたほうが生地にしっとり感がでて美味しくなるが、まめのどらやきはコレで良い。

 

餡は粒感たっぷりで小豆の味が口いっぱいに人がる。

水分が多めで、どら焼きなのにジューシー。

甘さは相当抑えてあり、さっぱりいただける。

 

添加物の類が一切入っておらず、賞味期限はわずか1日。

シンプルな味なので焼印による香ばしさや、塩・醤油などの塩味を加えるとアクセントになるかもしれない。

 

 

ほうじ茶がよく合う。

 

とても美味しい。

 

site-977512-7562-4300.mystrikingly.com